傷病手当金について


 健康保険では被保険者本人が病気や怪我で、4日以上連続して仕事を休んだ場合に、傷病手当金が支給されます。この制度は勤務先の方からの勧めで利用される方も多く、なじみのある制度です。
  4日以上連続して欠勤した後なら、休職中でなくても退職後も利用できる制度です。

(1)対象
 ・健康保険の被保険者本人である時期に4日以上連続して休んでいること
   →4日目以降が支給期間の対象となります
   *例えば、次のような場合は対象となりません
     4日に1度出勤している(連続という条件から外れます)
     休みだしてから3日目に退職した(対象になる前に被保険者でなくなった)
 ・休んだ期間に対して給料が全額支払われなかった
   →有給休暇を活用した場合、傷病手当は利用できません
     ただし、有給休暇を使い切った後で傷病手当に切り替えることは可能
   →給料が一部支払われた場合
     (傷病手当―支払われた給料)にて計算し、差額分の支給を受けられます
 

(2)内容
 支給期間 同じ病気や怪我、またはその合併症に対して支給開始から1年6ヶ月
 支給額   標準報酬日額の6割×(休業期間-3日)
 

(3)窓口
 政府管掌健康保険の方=勤務先を管轄する社会保険事務所
 組合健康保険・共済組合健康保険・国保組合の方=勤務先担当部署もしくは組合事務所
 

(4)手続きの方法
  ・傷病手当金支給申請書に必要事項を記入する
   特に「休業期間」は必ず書いておく(証明を書いてもらうため)
   申請書は窓口か勤務先から取り寄せます
  ・主治医の証明をもらう
   文書料として200円必要です(健康保険が適用されます)
  ・勤務先の証明をもらう
  ・窓口へ提出(郵送で受け付けてくれるところもあります)
  ・だいたい2〜3週間で振り込まれます
   郵送などで通知するところもあります
  

(5)傷病手当を受給中に退職した場合
 退職までの保険加入期間が1年以上あれば、退職後も1年6ヶ月のうち残りの期間の傷病手当を受給できます。  この場合、勤務先の証明を省略できることもあるので、窓口にお確かめください(政府管掌健康保険では省略できます)。
 ただし、「連続4日以上の休み」という条件を満たさなかったり、有給休暇を使い切った後で退職したりすると、「受給前に退職」することになり、退職後も傷病手当を受給することができません。もちろん、「受給中」と言っても、最初の申請が退職後になっても問題ありません。退職までに受給できる条件を満たしていることが、大きなポイントです。

(6)その他
 障害年金とは両方を全額受給することはできません。具体的には、障害年金が優先され、傷病手当のほうが障害年金より多い場合のみ、その差額が支給されることになります。